バイクとの別れ……そりゃあ、いろいろありましたよ

あれはもう数十年前の話。ちょっといろいろあって、というか、つまらぬ借金をしてしまって、それを返さなくてはいけなくなり、でもこの借金は明らかに私のミスと言うか、油断と言うか、とにかく責任は私にあったので家族にお金を建て替えてもらうことも憚れて、私が当然のように返すことになったのですが、その時、当時の愛車を売ることになってしまったのです。

その時の愛車は、ホンダCBR250。よく乗りました。大好きでした。この頃は、国道をよく走りました。まず、バイク通勤でしたから。バイク好きの私としては、もう、通勤が楽しくて楽しくて。確かに土日もツーリングに出てはいましたが、なぜだか通勤バイク時間がウキウキしたのです。
国道2号線は海沿いを走ることが多く、瀬戸内海の風景が、そういった私の思いを更に強めたのかもしれません。

でも、CBR250との別れの日がきたのです。
愛するバイクを売らなければならないのです。

今のように、広島市にもバイク王のようなバイクを結構な値段で買い取ってくれるようなところがあればよかったのだけど、当時はまだなく、知り合いのモータース(というかそこのモータースでそのバイクは買ったのだけど)に頼み込んで、できるだけ高く買い取ってもらいました。
あの時は、1円でも高く買い取ってくれ、という気持ちと、愛するバイクと別れる寂しさで、なんか思いはぐちゃぐちゃだったような……。

で、いくらで買い取ってもらったか、その値段は、秘密です。^^;

そして数年間、バイクなしの生活というか人生が続きました。これはマジにやばかったです。ストレスが溜まりまくるのです。ということで、自分で、かーちゃん(妻です^^;)からもらう小遣いをコツコツ貯めて、少ないボーナスでしたがそれはいくらか多めにもらって、3年後、再びバイクをゲットして、私のバイク人生は再開するのですが、その件については、次回で書きますね。
ということで、次回もお会いしたいですね。